障害年金の条件

2017-10-19 未分類

まず、みなさんが障害年金を受けとるためには、国民年金に加入している必要があり、更に一定の障害の状態にあることが条件であり、年金保険料を断然納めている必要があります。加入期間の3分の2以上支払っているか、直近1年間支払している必要があり、このような条件がクリア出来なければ、障害年金を得ることが出来ません。

実際に、条件をクリアするのに難しい条件ということではありませんが、大学時代は学問に専念していたために、年金の支払いができなかったという人たちもいるのではないでしょうか。学生納付特例制度とは学生は在学期間、保険料の納付を猶予してもらえる制度ですが、そのような制度も、あまり認知度が高いとはいうことが出来ません。

知らず知らず時間だけが経過して、 交通事故を起こし、重い障害を負ってしまった場合では、果たして障害年金を受給することが出来るのでしょうか。実際に、現在、大学を卒業して、 給与から厚生年金保険料が天引きされていたとしても、 属する期間の3分の2以上納めているという条件をクリア出来ないから、障害年金は支払いされない可能性が高いということです。実際に学生のことだからと、猶予はされないようです。