障害年金とは

2017-10-12 未分類

みなさんは、障害年金についてご存じでしょうか。 それは、ケガ、病気が原因によって精神、身体に障害を持ってしまった方々が、仕事をするときや、日常生活を送るうえ、支障のある方に支給される年金の制度です。受給できる資格ですが、収入、財産などの経済的な事情、家族構成などは考慮なく受けとることが出来ます。

インターネットなどで、いろいろ情報を得ることが出来ますが、敢えて言えば、なかなか難しい言葉など使用していて、判りづらいというのが本音ではないでしょうか。それは、私達が得ることが出来る公的の年金であり、障害によって、生活に支障をきたした場合に支払いされるべきお金です。

おおかた、みなさんは、死んでしまうより、障害状態になって生き続けていく方が、生活費や、医療費も相当な額が掛かり、大きな経済的負担を背負うことになってしまいます。だからこそ、いっそ死んだ方がいいという気持ちには、絶対になっていただきたくはありません。だからこそ、そのような年金のシステムについて、しっかり注目する必要があるのではないでしょうか。

みなさんが、しなければならないのは、なんとなく知るということではなく、しっかり理解することです。基礎なる部分だけでもそのようなモチベーションを持てば、それほど理解するのに苦しむ問題でもありません。なぜなら、それは、私達のために存在している年金なのです。そもそも、年金と言えば、老後の生活を支える「老齢年金」のイメージが強くあります。それとは別物と考えてください。